2013年06月05日

沖縄のナイトツアーに参加してみたい

沖縄旅行に行ったらぜひやってみたいことがあります。
それは、ナイトツアーです。
最初はハブが出るから嫌だなとか、獰猛な夜行性の動物が出たらどうしようと思って躊躇していました。
しかし、よく考えたらツアーが組まれているくらいですから、安全性は保障されているのではないかと思うようになりました。
旅行会社の方たちも良く考えて組んでいるはずですし。

沖縄の夜のいいところは、星がきれいなところ。
夜行性の動物が見られるというところ。
昼間には感じられない夜の沖縄の顔を感じられるところでしょうか。
真夜中にホーホーと鳴きながら、首をくるくるさせるフクロウを是非見てみたいですね。

ツアーで行けば、夜の観光の目玉なども用意してくれていると思うので楽しみにしています。
ナイトスポットで地元の方に人気なのは夜の首里城はおすすめです!  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 17:20

2013年05月15日

首里城へレッツゴー

歴史ある首里城で、首里城祭が行われるのをご存知ですか?
県民から国王、王妃を募集するんです!!

琉球王国時代の、歴史や文化を知る機会になりますよね!すご~い!!
1年間各イベントに参加できるんですって!
対象は18歳以上だから、年齢に上限はないみたいです。
これだけでも沖縄県人になってみたい。イヤ、ムリですよね。

世界遺産ですし、広い!!有料と、無料の区間があるけど、琉球舞踊は無料で観覧できるし、首里城の歴史を感じる!

夕方になるとライトアップもあれて、日中とは違う雰囲気を楽しめるし、歴史を十分に味わえる場所ですよね。
あまり歴史に詳しくないのですけど、深く勉強してみたいなと思ってみたりします。

確かドラマやってましたよね?
最近テレビに疎くて、見ていませんが、本で読むと難しそうなので、ドラマなどで興味ある分野を知れたらいいのでしょうね。

首里城でしか手に入らないお土産にも注目です!!
お守りがあるんですよ。沖縄では魔除けとして、「塩」を持ち歩く風習があるそうです。
それがお土産になるってなんだか素敵な気がします。
手ぬぐいとかTシャツとか。
どこにでもあるんじゃない?と思いながら、何だか歴史を知ると感慨深いものに見えてきますよ。
そして帰りは首里城から徒歩で3分くらいの美容室にいってヘッドスパですっきりしてきました!
HP⇒那覇市首里美容室
  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 18:18

2013年04月23日

生姜の保存

生姜を料理に使うことはよくあるんですが、傷みやすいので買ったらすぐにすりおろして冷凍するようにしていました。
けれど、ある日テレビをみていたら、濡れたキッチンペーパーにくるんでチャック付きの袋に入れておけば常温で保存できるんだとか。
生姜って水分でできているから、そういう特殊な保存方法になるんですね。
どおりで今まで普通に冷蔵庫に入れていたらすぐ傷んでしまうわけです。
さっそく試してみたんですが、冷蔵庫の中よりも全然日持ちするので助かっています。
冬は特に寒いので、生姜を使う料理が自然と増えますよね。
食後には紅茶にもすりおろした生姜をいれたりするので、冬の生姜はほんとお世話になっています。
何にでも入れられるのが便利なんですよね。
  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 12:40私の話

2013年04月04日

いちばんすきな取り合わせ

毎年、知人たちから立派なたけのこを春のうちに数回いただくことが多いのですが、今年の最初のタケノコはなんと2月でした。
デパートの地下でその時期に買えば、手のひらにのるほど小ぶりなタケノコでひとつ5000円はするでしょう。
そんなタケノコをいくつもいただきました。
まだ土の中から出ていないものですから、その柔らかさと香りはふだんのタケノコと全く違い、感動物でした。

そして4月に入った最近では大きくなったしっかりした味のタケノコをいただきます。
大鍋でヌカと一緒にゆでてあくぬき。
鶏のダシで鶏肉と炊いたり、ニシンとたくと本当においしいですね。

タケノコごはんとタケノコのお味噌汁、タケノコの木の芽あえなど毎日、この時期だけの楽しみです。
あのスーパーの棚に年中ある水煮タケノコと同じ食べ物とは思えません。  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 12:29

2013年03月24日

貯金ができない

新しくゲームハードを買いました。
冬にまとめて入るはずのお金が前倒しで少し入ったのです。
これからは毎月入るみたいなんだけどその金額自体は少ないので、今回みたいにまとめてお金が入るというのはもうないような気がします。
そう考えると、今ほしいものを買わないでいつ買うのか!という思考になってしまうんですよね。
全部貯金してこれからの生活の足しにすることもできるのに、ついつい自分の欲しいものを優先させてしまうあたり、私はまだまだ子供なのかも…
けれど、おかげでずっと欲しかったゲームが買えたのでほくほくです。
生活は多少キツくはなるかもしれませんが、それでもやりたいことができるようになったので後悔はしていない‥私ってほんとに貯金ができない性格です。
  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 15:33私の話

2013年03月18日

いくらいても全然飽きない

美ら海水族館は、私は何時間いても飽きないです。
まず、外のジンベイザメやマンタの像を眺めているだけでとても楽しいし、公園内を散策して、写真を撮っているだけでも楽しめます。一人でもいいし、誰かと一緒でもいいです。恋人と一緒でもゆったりした時間が過ごせるし、家族と一緒に楽しむのも、友達とわいわい言っているのもきっと楽しいです。
黒潮の大水槽など、それこそずっと見ていられます。本物のジンベイザメは、大阪の海遊館で見たことがありましたが、水槽の規模と、なにより沖縄にいるという実感だけで、その倍の時間は過ごせるからです。
タッチプールもあるし、子どもでも何時間もいられると思いますが、ぼーっと水槽を眺めるのが好きな人は、それこそ開館から閉館までもいられるのではないでしょうか。
  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 13:30

2013年03月12日

あの道も通ったのか

いいなって思うの、沖縄旅行でちゃんと見つけてきました。
こんなものも渋いなって言われちゃうくらいちょっと古かったんでしょうか次としては変な人扱いされるようなね。

沖縄にはそういう人いないんだろうか、少し不思議な気分だったよ。
中で待っていた人があの場所を再現しているようでえらいなと関心してしまいました。
沖縄記念に写真だってとったしお土産もここでまた買ってしまいました、いろいろと大きい物だってあって感動しちゃうよね。

あのときにもあったような、でも何か魅力的には感じなかったからここで出しておいて良かったんではと。
まあ他にみるっていうとそこまでなかったのだけどちょっとよるくらいの感じになっちゃうのかな、それでも沖縄を楽しんだようでよかったです。  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 13:18

2013年03月05日

ゴーヤーのエキスが入った化粧水

RyuspaのGY・Cローションという、
沖縄の化粧水。

こちらは沖縄県久米島で
栽培されたというゴーヤーエキスと、
ビタミンC、アルブチンなどが入った
美白化粧水ですね。120mlで
1,890円。

うーん、美白化粧水マニアには
たまらない。

ゴーヤーのエキスはなにに
いいんだろうね?美白成分はビタミンCと
アルブチンでしょ。
保湿かな。

確かに厳しい環境で
実を育てるんですから、
ゴーヤーも相当な良質な
成分がとれることでしょうね。

でも、いま私は化粧水が
ダブってしまっているので・・・
こっちにすれば良かったかな~。

余談ですけど、ikiteiruにしちゃいました。
乳酸菌の。あと、いま
開封して使いかけなのは
オルビスの美白化粧水。
いいんだけどね。
いいんだけど、
目移りしちゃうよね。
いかんいかん。
目を覚ませ!使い終わるまで我慢だ!
  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 15:26

2013年02月28日

それはないんじゃない

全部自分の力が必要だって言ってくれればよかったのに、ただひたすらやり続けてるって自分には無理のような気がしちゃって。
何も言わずに沖縄の店は去っていくようです、まだやってるんだって思ってる人もいるみたいでそりゃあれだけ静かにやってたらわからないですよね。

最初は別な人に沖縄の店がいいって宣伝してたりしたけど、もう興味がすぐに移っちゃう人はもう無理だなって。
たぶん原因はここにあるってのもう知ってるからただ一人だけがそうだったとしても、他もダメだって勘違いと偏見が出てきちゃうから沖縄ではもう長くは無理ですね。

まあ自分だけがよければそれでいいんじゃないの、とこれ以上増やしたって何の意味もないしさ。
もう古いのとかもいらないからとかって言い方に納得いかなかったけどね。  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 10:31

2013年02月16日

なんで笑ったのかしら

もうこれくらいの話は当たり前なんだそうで、せっかく沖縄で新しいことを始められると期待を大きくしてやってきたのにね。
もうみんななれちゃってるんだそうで、何を見ても驚かないんだとか、それにしても今日も一向に沖縄のスタートが始まらない様子でどっちかに集中するってこともできなさそうだけどね。

といってもここの人達じゃこの短時間で沖縄全部にまわすなんてこと無理だろうからたぶん中止もありえるんではと予測してしまうくらいです。
まあそれでも驚く人はいないとどっち側が悪いのかはわからないけど、そこまで焦ってる感じもなさそうだしね。

何も進むことがないので沖縄でのモチネタもほとんどないでしょうね。
まあさすがにそういうことはやるとはみんな想像通りですしね。  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 13:28

2013年02月08日

ちゃんと知ってるんだ

やっぱり大事なことは沖縄で両立することなんて無理なんだ、おかげで一つ失敗してしまったんですよ。
もうちょっとで終わるところだったのに一気にぱあになってしまってそこまで苦労してたわけじゃないけどさ。

なんでそこで決定しちゃったのか、もっとゆっくり考えれば沖縄でもなんなくこなせたかもしれないのにね。
ちょっとだけ知ってるような情報かもと一瞬びびっときたけど違うかしら、たまにはこんな感じの沖縄の雰囲気も味わってみたいと思うわけですよ。

もうそういうの沖縄で経験してるって人はどんな幸せきぶんを知っているのか教えてほしいな、こうやって聞いてみても誰も反応は一つもこなかった。
だから明日だって何もきたいされずに終わっちゃいそうな気がして、そして向こうからしかけてくれたら嬉しいのだけど。  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 16:18Comments(0)私の話

2013年02月01日

沖縄そばの焼きそば!

沖縄そばは、ソースをからめて、炒めて、焼きそばにしても美味しいらしいです。
普段、細い麺でしか焼きそばを食べていない本土育ちの私にとって、それはなかなか新鮮な情報でした。
沖縄そばは、どちらかというと、その太さから「うどん」というイメージが強かったのです。あとは、そば粉を使っていないですから。「ソーキそば」も同様、そばとは言っていますが、中華そばと同様で、麺を総じてそう呼んでいるだけで、実際は…と思っていました。
だから、焼うどんみたいな感じになるのかなーと思って、ネットでレシピサイトを探していたら、実際に作っている人がいて、いかにも「焼きそば」だったので、ちょっと驚きました。
上に目玉焼きを乗せるのが常識らしいですが、それは本土でも個人差がありますから、なんとも言えないと思いました。
  


Posted by 琉ニライ球カナイ at 18:57Comments(0)